いつか どこかで・・・

新型ワゴンR

2月にワゴンRが新型にモデルチェンジ
先々代と先代の外観は殆んど変らず、今でも見分けのつく人は少ないのでは?
その反省もあってか、先日発売された新型は外観を大幅に変更です。
軽自動車の外観に何んと3パターン編成です。1車種に3パターンの外観ですよ。
これ幅広いユーザーニーズに応えるため?
f0274536_18541918.jpg
何れにしても大胆な事をしたものです。
以下私の独断と偏見。
f0274536_18543253.jpg
f0274536_18543062.jpg
先ずはノーマルFA/FX型
こいつは、これと言った特徴も無い、ごく普通の軽自動車。
ターゲット層は軽自動車を単に移動手段としか見ていない車にあまり興味の無い方々。
軽自動車はワゴンRじゃなきゃダメって人は少ない。またワゴンRより低価格設定の競合車種は多いので苦戦は必至。
FXはハイブリッドエンジンを搭載してますが、FAとの価格差10万円、安ければ良い思考のユーザーはたぶん買わない。
f0274536_18542842.jpg
f0274536_18542613.jpg
次にノーマルFZ型
こいつFA/FXからわざわざフロント周りを変更して、少し精悍に見せている。その分で17.3万円も価格アップ。
メーカーで17万円強の費用を費やしてこの程度のドレスアップって感じ。
ワゴンRによっぽどこだわりが無い限りFZを購入するユーザーは無い。
f0274536_18542452.jpg
f0274536_18542254.jpg

最後にスティングレーL/X型
こいつもノーマルFA/FXからフロント周りを変更し、そのドレスアップ額が21.5万円
先代からイメージが大幅に変更となり、好き嫌いがはっきりするかな。
特に女性からは敬遠される御姿。
尚、ターボの設定もありますが、高価すぎて評価対象外。なんで170万円近くもする?
あと全車リアビューは20年以上前の軽自動車みたいな感じで更に残念。


[PR]
by somewheresomeday | 2017-02-24 00:34 | モータースポーツ